出産祝いのお金

出産祝いで一番気になることと言えばお金の問題ですよね。出産祝いのお金を渡すとき、どの程度のお金を包んで渡した方が一番妥当なのか?と言うのが一番気になります。このようなお祝い事の席では、「気持ちが大切」などとよく言っていますが、実際の所、そんなこと決められる筈がありません。

祝いたい気持ちは誰だって沢山ありますよ。1億円だって払ってあげたい気分です。でもそんなこと出来るはずはありません。ですから、このような時は、みんなはどれくらい払っているのか・・・と言うことを事前に聞いたりしておくことが大切だと思います。周りに経験者がいない場合は仕方ありませんが(笑)

もしも周りに出産祝いを経験した人がいない場合は、最終手段として出産祝いに払う相場というのを調べておく必要があります。ここでも相場を紹介しているのですが、これはあくまでも例だと思って下さい。一番間違いが無い方法は知っている人に聞くと言うことなのですから。

例えば兄弟や姉妹に出産祝いの品をあげると言うときには、大体1万円くらい包んであげれば良いのでは無いでしょうか?勿論、これ以上にお金を包んでも構わないのですが、自分の生活もあると言うこともよく考えておいて下さい。出産祝いに多く包んでしまったばっかりに、自分の生活が少し厳しくなった。となってしまったら、お金をもらった側も何か悪い気がしてしまってお金を使うに使えなかったり、或いは返してしまうと言うことも無いとは言い切れません。そんなことになってしまったら、祝うどころかそんな気持ちも台無しになってしまいます。ですから、気持ちも大切ですが、自分の背丈に合うくらいのお金を包むと言うことが大切です。

親戚や友人、会社の同僚に贈る場合

会社の同僚

親戚や友人、または会社の同僚などに出産祝いを贈る場合は、親しいと言っても直接的な血縁関係ではありませんので、そこまでお金を使わなくても良いかと思われます。勿論、仲の良い友達などには自分が出来る精一杯の気持ちをあげたら良いと思いますが、大体これらの相場としては5千円くらいが妥当だと言えるでしょう。全然親しく無い会社の同僚などの場合は3千円くらいでも別に構いません。

しかし、あまりケチケチしてしまうとあまり良い印象を持たれる物ではありません。こういった噂が広まってしまうという可能性もありますのでちょっと気を付けましょう(笑)まぁ5千円くらい出しておけば誰も文句は言わないので妥当・・・だと言えますね。

また、これは確実に覚えておいて欲しいことなのですが、出産祝いのお金を包むときに、4や9の数字が付く金額は避けた方が良いと言うことです。日本では、4は「死」、9は「苦」という語呂として扱われていますので、これらの金額は避け、また、お金も新札で揃えた方が縁起が良いとされています。管理人がもし子供が生まれたとして、出産祝いで4千円とか持ってこられたら絶対嫌ですからね(笑)皆さんもこのような事に気を付けながら出産祝いのお金を包んで下さいね!