出産祝いの贈り物

出産祝いの贈り物、色々悩むとは思いますが一番大切なことは「いかに相手が喜ぶ贈り物を贈れるか」ということです。喜ぶ喜ばないに値段はありません。いくら値段が高くても、贈る相手が全く使わなければゴミと一緒です。逆を言うと、いくら安い贈り物でも相手が日常的に使える代物であれば十分に物足りると言うことです。では、出産祝いに贈る物について、一体どのような物が好まれているのかというのを参考がてら紹介していきます。

本人に確認しよう

ギフト

まず、一番手っ取り早く相手の欲しい贈り物を選ぶ方法として、本人に直接聞いてみる、と言う手があります。その相手に直接聞くことで プレゼント選びに失敗することもないし、相手も喜ぶ筈なので、気軽に聞ける友達の場合は、この方法を活用しても構いません。しかし、そこまで親しくない人にこんな事は聞けませんよね(笑)

また、プレゼントを選ぶ際には、よく自分がもらって嬉しい贈り物を選べ、とか言われたりしますけど、そんなの嘘です(爆)だってよく考えて下さい。自分の趣味と相手の趣味が必ず一緒だと思いますか?違いますよね。
また、贈る相手の年齢によってもプレゼントは変わってきますし、友達のプレゼントや還暦祝いの贈り物など色々なケースがありますよね。

相手の好みと自分の好みだって勿論違うわけです。しかも、もらって嬉しい贈り物は、他の人だって嬉しい可能性も勿論捨て着れません。と言うことは、同じ考えを持った人が何名もいて同じプレゼントを買うという可能性も勿論捨てきれないわけです。

そんな同じ贈り物をいくつももらった日にはどうして良いか分からなくなってしまいます。そう言ったことにならない為にもいくつ持っていても無難に扱うことの出来る贈り物を行った方が一番良いのだと思います。

贈り物のギフト紹介

ベビー服
例えば、赤ちゃん用の洋服。お出掛けようの派手な服ではなく、贈り物として選ぶ際は、自宅でも気軽に着れるようなTシャツなどをプレゼントするとよいでしょう。洋服などは何枚あっても困る贈り物ではありませんし、リサイクルもしやすいので、まずもらった相手が困ると言うことは無いでしょう。でも、赤ちゃんの性別を考えて服は選んで下さい(笑)
おもちゃ
また、ボールなどのおもちゃ類なども無難に喜ばれる物だと思います。おもちゃを選ぶ際に注意しなければならないことは、まずキャラクターの絵などが描かれているおもちゃは買わないようにすると言うことです。キャラクターというのは、殆どが一年の周期で変わっていく物です。ですから、折角贈ったおもちゃが一年で使われなくなってしまうと言うこともあり得ます。ですから、おもちゃを選ぶ際は色や模様が入っている物を選ぶようにした方が良いでしょう。
絵本
その他には絵本を選ぶという手もあります。絵本はプレゼントされて直ぐに使うという物ではありませんが、子供が少し大きくなったときに読み聞かせをするなどをして喜ばせることが出来ます。このように今すぐ使う物をプレゼントするのではなくて、先を見て末永く使える物をプレゼントすると言うのもありだと思います。

この事を踏まえながらプレゼントを選ぶと失敗は少なくなるはずですので参考にして下さい。