出産祝いを贈るタイミング

出産祝いのプレゼントなどを贈るにあたって、タイミングというのは凄く重要な物だと思います。タイミングが遅すぎたらベビーカー渡すのもなんかぎこちなくなってしまいますし、逆に早すぎても予め用意していたんじゃないかと怪しまれたりしないだろうか。なんて変なところまで考えてしまって結局贈ることが出来なかった。と言うことも偶に聞きます。

確かに、出産祝いというのは、渡すタイミングが掴みづらいものではあります。結婚祝いや誕生日祝いなどでは招待された場合などに祝い品を渡してしまえば済む話です。ですから、渡すタイミングが掴みづらく、逃してしまうと言うことも稀にあるのです。

基本的なタイミング

タイミング

贈るタイミングの基本的な目安として、手紙や連絡が来たら出産祝いを贈る、と言うのがあります。子供が生まれたのが親族であるならば、直ぐに出産祝いの品を渡しても良いとは思いますが、友達などの場合などは、少々時間をおいた方が良いかもしれません。

出産した後というのは、家族との時間もあるはずですから、一週間くらいは時間をおいて、それから出産祝いを渡しに行くと良いでしょう。

また、そこまで親しい訳ではない友人が出産祝いを行うと言う場合は、恐らく自分に直接連絡が来ると言うことはありません。このような場合は周りの友人から連絡があると言うことが殆どだと思います。友人から連絡が来て2週間いないくらいに出産祝いを贈ることが出来ればこの際別に構わないかと思われます。

贈り物は郵送で

基本的に出産祝いというのは、持参するのではなく、贈った方がよいとされています。何故なら、出産後というのは、何かと忙しく、無闇に家を訪問してしまうと、逆に迷惑を掛けてしまうと言うことも考えられるからです。もしも出産した人が親しい間柄でしたら、連絡してOKが出たら訪問する。と言う形を取った方が良いかもしれません。

また、出産祝いと言えばベビー用品などを主体として贈る方が多いとは思うのですが、ほ乳瓶などを贈るのは管理人的にはあまり良いとは思えません。何故なら、もしかすると他の人も同じ考えを持って居るかもしれないので、同じベビー用品を送った場合、正直使わない・・・と言うことにもなりかねません。ですから、このような場合は、洋服などを贈るというのも効果的だと思います。

どうしてもプレゼントを選べないという方は、現金を包んで贈りましょう。現金というと何かいやらしい感じがしますが、もらって一番役立つ物と言えばやはり現金なのです。勿論贈るときはご祝儀袋に水引を付けて贈って下さいね?これも基本中の基本ですから(笑)